大学の研究機関が“ゲームレビュー”を分析した報告書を公開。ゲーマーはどのような言葉でゲームを語る傾向にあるのか?

2.名前:なまえないよぉ~ 投稿日:2018/05/20(日) 07:49:12.91 ID:nmDwCY+Q.net
説明は1回我慢するだけだが
ポンコツUIは決して容認できない

3.名前:なまえないよぉ~ sage 投稿日:2018/05/20(日) 08:12:43.86 ID:O68o80ag.net
研究方法にケチつけるわけじゃないけど、
ダメなゲームはすぐ見破れるってだけの話な気もするなぁ。
そうなると6時間はむしろ我慢してプレイした方とも思えるが。
あるいは「被害者が増えないうちに手を打たねば」と使命感に駆られるか。

あと「顔文字のみといった内容のないものをフィルタリング」てのも、
顔文字のみの投稿にどれだけ豊かな情報が込められているか、
という研究も実りの多い対象かもしれないぞ。

5.名前:なまえないよぉ~ sage 投稿日:2018/05/20(日) 08:23:11.18 ID:0TFC6XBP.net
>>3
😎💃

8.名前:なまえないよぉ~ sage 投稿日:2018/05/20(日) 09:25:05.06 ID:JnuXQ/sU.net
日本人のレビューはマイナスにしかならないと結論づけられて、リリースを遅らされる事件が続発

10.名前:なまえないよぉ~ sage 投稿日:2018/05/20(日) 11:34:58.18 ID:hxQHStzf.net
記事の続きのが面白いな、これ

>報告書は、「ゲーマーは(バグの数が少ないといった)ソフトの完成度よりも、優れたゲームデザインを高く評価する傾向にある」と結論づけている。
>一方で否定的なレビューで言及されるバグは、進行不能になる深刻なバグについてのものが多く、不満度が高いことも示唆している。

11.名前:なまえないよぉ~ sage 投稿日:2018/05/20(日) 11:41:37.09 ID:hxQHStzf.net
せっかくだから締めの文章をコピペ

報告書から浮かび上がってくるゲーマーの姿は「バグに寛容で開発者に助言を惜しまず」、「失望したゲームにも6時間ぐらいは付き合う寛容さがあり」、「Twitterぐらいの文字数で専門用語を多用する皮肉屋」というものだ。
誰しも思い当たる節があると思われる。
筆者にとって特に重要と感じたのは、レビューの可読性だ。
仮にもゲームライターの末席を汚している身としては、ゲーマー人口拡大のためにも、初心者ゲーマーにもわかりやすい、専門用語を避けたレビューを書くことを心掛けたいと感じた次第である。

12.名前:なまえないよぉ~ 投稿日:2018/05/20(日) 12:55:07.22 ID:7G6NEFSj.net
スカイリムなんて「何時間やりました」が好きアピールの一つになってるもんな

13.名前:なまえないよぉ~ 投稿日:2018/05/20(日) 19:32:13.93 ID:E2wGS6/E.net
 ボキャ貧のレビューを研究する意味など無い

14.名前:なまえないよぉ~ sage 投稿日:2018/05/20(日) 20:53:07.28 ID:IBiehQMB.net
>>5
中身のないレスのため、レス対象からは除外されます

16.名前:なまえないよぉ~ sage 投稿日:2018/05/21(月) 14:33:22.44 ID:WpdDWLeP.net
ゲーマーが寛容でも、さすがに進行不能なバグは容認できないわな…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする